読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Something Poetical Private

私的で詩的な映画の感想を書いています。

アニメ映画

虐殺器官

『虐殺器官』を観に行った。 虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)作者: 伊藤計劃,redjuice出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/08/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (9件) を見る このブログにどういう人がたどり着くのかよくわかっていないが、僕な…

この世界の片隅に

うん, この世界の片隅にを見てきたんですよ. konosekai.jp

罪からの解放 映画「聲の形」

私情を伴ったまえがき 思っていたより普遍的なテーマを扱う映画だったが, 誤解されやすい気もする.この映画は間違いなく「贖罪」*1の映画だ. 過去に自分が犯した罪を認め, 反省し, その態度を示すこと. 誰にでもできそうで, 案外誰にもできないこと. 主人公…

ごった煮: 最近みたもの

なんかひとつひとつはちゃんと書く気にはなれないので, てきとうにごった煮して書きます. 心が叫びたがってるんだ GHOST IN THE SHELL 私の奴隷になりなさい MATRIX PSYCHO-PASS 2 劇場版 PSYCHO-PASS

一体誰にハマるのか全然わからないけれど, 俺得ではあった. ~planetarian~

映画としての質が良いかなんてどうでもいいから好きって話. Introduction さーて, 今回は少しハイテンションでお送りします. 以前から僕のことを知っている人であれば, 僕のこの 9 月の本命は「スーサイド・スクワッド」とかいうかなり危ない雰囲気の漂う実…

15 年前の自分と今の自分はどうも大して変わっていないのかもしれない~千と千尋の神隠し~

私情の伴ったまえがき 15 年. 僕がこの「千と千尋の神隠し」を初めて見てから 2 回目に見るまでにかかった時間である. 当時の僕といえば小学校 2 年生であり, 夏休みに何かの企画で映画館に見に行った記憶がある*1. どこかに書いた気がするけれど, 小学校 2 …