読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Something Poetical Private

私的で詩的な映画の感想を書いています。

良くて悪くて悪い感じの「いつもの」アメコミの実写化 「スーサイド・スクワッド」

何も情報量がない感想なら簡単に言える, 例えば「一生ハーレ・クインのケツでも見てろ」とかね. でも, 情報をもたせようとすると途端に困ってしまうんだ. いや, だって面白いのか面白くないのか, 僕が何を書きたいのか, 書くべきなのか, なんにも判断ができないんだ.

これは困った. 困りすぎて半日記事を書き出すことさえできなかった. ていうかこの文章を入力している現時点で書き終えられる気がしない.*1.

Introduction

はい, 今日もやっていきます. 今日 9/10*2は映画「スーサイド・スクワッド」の公開日でしたね. 以前も言ったように今年の映画でトップクラスの期待をかけてこの映画見に行きました. 数日前に席をとり, 生活リズムを矯正する意味もかねて頑張って早起きし, 初めての 3D 映画にワクワクしながらシネマでひとりで待っていたわけです. WarnerBros のロゴや IMAX のスタートのカウントダウンがスーサイド・スクワッド仕様になっているのを見て嬉しくてたまらなくなるわけです.

そんだけ期待して行ったんですけど, 期待通りの映画でもあったんですけど, もし友人と行っていたら, 終わったあとの第一声はきっと, 「どうしようかなぁ」 だっただろうなと思います. その意味で友人と行かなくてよかったかもしれない. この映画, ちょっと考えまとめるのに時間が必要でした. それもぼーっとするだけじゃなくて, 一本間に映画挟んで適切な刺激を与えないと整理つかなかったレベルで.

僕は相変わらず前情報を持っていなかったけど, 「スーパーマンは死んだ」と言われた瞬間に「これアメコミか!」と悟れるほどの空気を読む能力はあって, どんなありえない能力が出てきても文句をつけないスイッチはそこで入ったし, ガバガバな政府の対応, あまり緊張感のない「世界の危機」もまぁ想定の範囲内. いろいろ都合よく物事が進むのもアメコミだから全部許そうって思えてしまう. ちょっと, ズルいなとも思うねこの辺. アクションシーンは申し分ないし, 炎の力完全にチートだし, デッドショットの地味だけど確実な殲滅がすごすぎるし, ハーレ・クインは暴れてるだけなのに見入るし, 悪役のキャラは立って普通に楽しい. いつものアメコミ映画が存分に楽しめて十分満足なはず……なんだけど.

何かが違う. 何か, 何かがこの映画の魅力を欠いている. おそらく足りないのではなく有りすぎるのだと思う. そんな気がしている.

相変わらずまえがきにものごとを書きすぎてしまう, 僕の悪い癖*3. そろそろ本題に行きましょう.

*1:書いているうちに, 脚本にそもそも問題があるということに気づけたのでなんとかなったが, しかし今回は結構書くの大変な記事になった. 何かを否定するのはとても難しい, 僕には簡単じゃないことだよ.

*2:記事を公開するころには日付が変わっていると思うけれど

*3:杉下右京の声で再生してください.

続きを読む

一体誰にハマるのか全然わからないけれど, 俺得ではあった. ~planetarian~

映画としての質が良いかなんてどうでもいいから好きって話.

Introduction

さーて, 今回は少しハイテンションでお送りします. 以前から僕のことを知っている人であれば, 僕のこの 9 月の本命は「スーサイド・スクワッド」とかいうかなり危ない雰囲気の漂う実写映画だってのはご存知かもしれません. 本命でいきなりこのブログの新作記事トップを飾るというのも考えたのですが, 暇だったのと気になったのでこの planetarian, 見に行ってみたわけですよ.

planetarian-project.com

いい意味で, 失敗だった. 本命がヘボでもいっかなって気持ちになっちゃった.

僕この映画大好きです, 本当に. Twitter で惚れた女を擬人化するとだいたいこういう映画になるって書いちゃったくらいには好きです. わからないと思うけどわからなくていいです.

一番惜しむらくは公開時期で, 「君の名は。」の翌週なんて時期に公開されたアニメ映画って, そりゃ多くの人々は「君の名は。」になびきますよ. そりゃそうですよ. おかげで Twitter 情報もほぼなく, 僕がこの映画の存在を知ったのは「たまたま TOHO シネマズの公式アプリを開いてシン・ゴジラを次いつ見ようか考えていたらこの映画を発見した」だけですからね. 相変わらず映画に関する引きだけはいいんだ, 本当は宝くじ当てたいんだけど.

他にも言いたいことはあるんだけど, 僕が紹介したいのは映画なので映画の話をしましょう.

内容に先立ち言っておきたいことは, 僕はネット配信されていたものを全く見ていません. この映画を単体で見ました. 今思うとですが, そのせいかこの世界に何が起きたのかとか背景はあまりわかっていません. でもわからなくてもこの映画を楽しむのにそんなに差し支えはないと思います(この物語を楽しむのには差し支えているかもしれませんが). 僕がそうだったからです. それに, SF 小説ってあんまりその世界が構築された経緯とかって明示されなかったりするじゃないですか?

ネット配信されたものは円盤が今月末辺りに発売のようです. 僕が買うのかはわかりませんね...

続きには内容紹介もありますので, キモには触れないつもりですが内容を知らないで映画を鑑賞したいと言う方はここらでブラウザバックをおすすめします.

あと今回僕は「好きです」としか言っていないのでもっと意味のある文章が読みたい, 時間の無駄は嫌だって人も是非ブラウザバックをお願いします. いやマジで今回の記事はわりと初期の方の田之倉くんを前にした青石さん状態なので(絶対に伝わらない).

続きを読む

15 年前の自分と今の自分はどうも大して変わっていないのかもしれない~千と千尋の神隠し~

私情の伴ったまえがき

15 年. 僕がこの「千と千尋の神隠し」を初めて見てから 2 回目に見るまでにかかった時間である. 当時の僕といえば小学校 2 年生であり, 夏休みに何かの企画で映画館に見に行った記憶がある*1. どこかに書いた気がするけれど, 小学校 2 年生当時の僕の感想といえば「怖い」以外には何も思い出せない. 今でもそうだが, 当時はもっとビビリで怖がりだった僕は両親が豚になってしまうシーンが尋常じゃなく怖かった.

他の事情もある. 今ではあまり表面化していない(つもり)だが, 僕は人が何を言っているのかを理解するのがすごく苦手だ*2. 意識して人の話を聞いていないとすぐ何を言っているのかわからなくなってしまう*3.

だから当時の僕はほとんどの映画のセリフは聞き取れていない, 絵だけ見てなんとなく何かをわかった気になっていたんだろう. そして 15 年前に感じた恐怖から僕はこの映画を避け続けていた.

でも, さすがにいまさらもうよくね?

ということで今回 15 年ぶりに見た. 今は気をつければセリフは聞き取れるどころか, 俳優や女優の演技にケチをつけ, もっと脚本がんばれよとストーリーに文句をいい, 挙句の果てに 22 話のアニメを見ててきとうに感想を書いていたら 5,000 字なんぞ容易に超えてしまう僕. 15 年前よりは得るものがあった, そして 15 年前に僕をこの作品に出会わせてくれた, 製作者並びに大人たちに感謝したい.

でもさ, 僕は聞きたいんだ. 「八百万の神々」 なんて言葉, 小学生が知っていると思うかい?

*1:地域の子ども会がなんか絡んでいたような気がする

*2:今も実は得意じゃない.

*3:具体的に言うと, 小学校のときは「踊るさんま御殿」という番組が始終何を言っているのかわからなくて全然理解できなかった.

続きを読む

オトコノコの心を惹きつける21世紀のSFアニメ PSYCHO-PASS

雑で長いまえがき

PSYCHO-PASS, というアニメをみた. このブログは映画ブログとしてやっていこうと思うなどといいながら, いきなりテレビシリーズのアニメの感想を書くことになるとは, 僕も思っていなかった.

しかしそんなことはどうでもいい*1. 面白いものは面白い. 僕は面白いものを紹介したいと書いたし, その言葉に嘘はない.

完成度は高いだろう. 近未来の東京はかなりきれいに描画され, エンディングの東京の夜景は何度見ても惚れ惚れする. こんな未来都市に住みたいという幻想すら抱かせる. 車の動き, ヘリコプターの飛行シーンなどは(一部チープなところもあるが)かなりのクオリティで賞賛に値する. 完成された日本の"法治" --それはシビュラシステムという名の完璧なシステム -- で, 多少ゆるいところはあるが管理社会の様相を呈し, 「ガタカ」の世界を彷彿とさせる. これほどの舞台に主人公と三年来のライバル, 葛藤し成長するヒロイン, さらにはキャラが濃すぎる同僚に加えて, レギュラーの登場人物は数は少ないが申し分はない. 名作になるべく舞台は整いすぎている.

しかしどうして, ここまで残忍なのか. 第一話で撃たれた瞬間に体が吹き飛んだのを見て面食らったのは私だけではあるまい*2. ハンマーで通行人をぶん殴る, 猟銃で頭を吹き飛ばす, 片腕を失う, そんなシーンがゴロゴロでてくる. アニメーションの皮をかぶっているが実写でやったら確実に R-15 指定間違い無し.

そしてサンプル数 2 なのだが, この作品は女性からの支持も悪くないらしい. しかし, 僕はオトコノコでしかない. ソ連を舞台にした映画なんか大好きだし, 管理, 監視されている社会のもとでレジスタンスとして革命を起こす人たちの物語なんかは大好物だ*3. オトコノコ的視点でその女性たちがこの作品を見ているとも思えないのだが, この作品には僕には見えていない魅力がまだまだたくさんあるということなのだろうか.

いきなり何も考えずに書きたいことを書いてしまった. 細かいことは抜きにして大雑把に語ろうじゃないか. 僕は批判したいわけでもここで性差を語りたいわけでもない. 僕なりに近未来の東京とシビュラシステムに, そしてその世界での 「常守朱」 という存在に少し迫りたくなっただけだ.

ネタバレ, 多少あるということを一応書いておく.

psycho-pass.com

*1:一応映画に限らず映像作品に関してはこのブログに感想を記述することにした. 細かいルールはあるが, 読者が気にしなければならないことはないだろう.

*2:バイオハザードなら日本では発売できず, 北米版を買わないと見られないような演出だ.

*3:念のため書いておくが, PSYCHO-PASS の筋書きはそうではない.

続きを読む

少しだけ自己紹介

このブログについて

まえがきに書いたことがすべてだが, 一応もう少しだけ書いておこう.

まず, このブログは僕がみた映画の感想を書いていくブログにしていくつもりだ. 最初の記事にも書いたように, 僕は映画が好きで, 僕が好きな映画を紹介するのが好きだからやっている.

そして, ここにかいてあるものは全て批評じゃなくて感想だ. 僕の目的は良いとか悪いとか判断することじゃなくて, 君たちに興味を持ってもらい, 劇場に行ってもらったり, レンタル DVD ショップなどで借りたり, WOWOW とか Hulu とかで観れないか探してもらい, 見てもらうことを目的にしている. 僕が好きなものを, 君たちにも見て欲しい. ただそれだけだ.

筆者について

普段は Diary over Finite Fields というブログや, Twitter @515hikaru でいろいろ書いてる. このブログでは普段僕が何をしている人なのか全く書くつもりはないので, もしも興味があるなら上のふたつを見てみて欲しい.

過去に書いた映画の感想記事をこちらでも読めるようにする気はないから, もしも読みたかったら前のブログを見てほしい. カテゴリー「映画」から全部読めるはずだ.

hikaru515.hatenablog.com

Introduction

あまり意味のないまえがき


「映画を楽しむ」ことを僕に教えてくれた全ての人たちへ


僕は映画が好きだ. 僕は面白い映画が好きだ. 僕が好きなもの, 僕が面白いと思ったものを紹介するのが好きだ. 僕が面白いと思ったものをみんなにも楽しめてもらえたら嬉しい.

そして僕はみんなに, このブログの記事を読もうと思ってくれた奇特な君に, 映画というものついて少し考えて欲しい. 君にとって, 僕らにとって, 映画って一体なんだろう?

単に消費するだけの娯楽だろうか, それはそれできっと正しいんだろう. 確かに映画はあくまでもエンターテイメントであって, 仮に政治的主張や差別的な描写の糾弾などのシーンがあっても, 政治を動かすなんてことはできないし, 製作者もそんなことがしたくて映画を作っているわけではないだろう. エンターテイメントとして消費して終える, それも映画の楽しみ方のひとつだ. それを否定する気は毛頭ない.

でも僕は, 願わくば, ひとつの映画をみることを, 単なる観客, つまり僕や君を楽しませるものとして消費して終わりにしてほしくはないんだ. 映画は面白いものだ. でも見て楽しかっただけで終わってしまう映画なんて悲しいと思う.

そこには製作者の想い, こだわりが詰まっているんだ. 製作者が億単位のお金をかけて作るだけの価値があると信じたものなんだ, こだわっていないわけがない. たった数秒のシーンに何十時間とかけているかもしれない, たった 1 曲のためにいくつもの曲が没になっているかもしれない. それだけ金と時間と人の手をかけて作られたもの, それが普段映画館や金曜ロードショーでみんなが消費している「映画」なんだ.

単なる 2 時間のショーを見たというだけで終わってほしくない. いろんなこだわり, 目をつけるべきテーマ, そういうものを自分なりに発見して解釈して, 自分の中の変化を作り上げてほしいんだ.

これから僕がここに書いていくことは, 僕の願望と理想とかなりのエゴが混じったものかもしれない. でも, もしひとりでもここの記事を読んで僕に共感してくれたら, あるいは映画の新しい楽しみ方を再発見してくれたら, 再発見しようと努力してくれたら, 僕はそれだけで少し幸せな気持ちになれるんだ.